成長期真っ只中の中学生のときに、ぐんぐん身長が伸びた方も多いかと思います。
 
 
一方で、中学生で身長が伸びると思っていたのに、なかなか思うように身長が伸び悩んでいる人もいます。
 
 
今回は、中学生のときに1年間で10cm伸びたというSさんの体験談をご紹介いたします。
 

スポンサーリンク

 

中学入学前は120cmだった。徐々に身長コンプレックスに

小学校卒業時の私(男です)の身長は120cm台、当然のように背の順で並ぶと前から2番目固定でした。
 
 
女子にイタズラして怒らせると、もう立ち向かえない。
 
 
少し押されただけで、こちらが倒れてしまうくらいの体格に差がありました。
 
女子 

6年生の時は、クラスに自分より身長が低い女子がおらず、悔しくて卒業アルバムの将来の夢には「大きくなる」と書いたことを覚えています。
 
 
身長が伸びるだろうと買ってもらった中学校の制服は、大き目サイズのぶっかぶかで肩パッドを入れているみたいになって恥ずかしかったです。
 
 
参考記事:中1で身長140cm!もう伸びないのか?
 
 
その後、中学校でも最初はクラスで一番身長が低く、男子のプロレスごっこではやられ役にさせられ悔しい思いをしていました。
 
 
身長が低いことがコンプレックスになっている自分に気がつきました。
 
 
参考記事:子供の身長コンプレックスを克服するには?

 
中学入学を機に入った部活動は駅伝部
 
 
元々、足が速い方ではありませんでしたが、小学校のマラソン大会で最初に転んだのに根気よく走ったことを褒められたのがうれしかったので、自分に合っているかもと思い、入部しました。
 
 
そんな部活でも女子の先輩に可愛いといじられる始末。
 
 
思春期の男子に「可愛い」という言葉ほどうれしくない言葉はありません。
 
 
この先輩から見て私はマスコット的なサイズなんだなと思っていました。
 
 
うちの学校の駅伝部はそんなに真面目な部活ではなく、顧問の先生も熱心ではなかったのですが、朝練だけは午前6時からやることが決まっていたので、毎朝早起きして登校していました。
 
 
元々朝起きるのが苦手で、小学校のときは朝飯を抜いて登校なんてしていた私も朝から走るとなるとご飯をしっかり食べなければなりません。
 
 
最初は朝食を食べるということも苦手だったのですが、母からカルシウムを取れとジャコや小魚などをご飯にかけられそれを急いで口に放り込んで出かけていました。
 
 
朝は軽く走って、午前中の授業を受け、給食。
 
 
うちの中学校には給食室があり、毎日職員の方が手作りしてくれていた栄養ある温かい食事をすることができました。
 
 
参考記事:学校の給食が食べられない子供が克服したたった一つの方法
 
 

部活に打ち込む日々。食事が成長へのエンジンに

中学の時は、昼休みなるとグラウンドや校舎で鬼ごっこをするか、夕方の練習に備えて昼寝をする日々。
 
 
今思うと中学時代は走ってばかりいた気がします。
 
走る
 
夕方の練習も強く指導されることもなかったので、適当な距離を走るばかりでした。
 
 
それでも小さな体でストライドの違う先輩たちの走る速さに追いつこうとめいいっぱい体を動かしていました。
 
 
練習が終わると、くたくたになり帰宅。
 
 
夕食の番になるのですが、この頃の我が家のご飯は、海に近い街に住んでいたこともあり、魚がおかずの中心でした。
 
 
骨ごと揚げたアジの空揚げや骨ごと煮たサンマ、その他煮物、焼き物、揚げ物で魚を出してきます。
 
 魚

当時は肉を喰いてえなと思っていましたが、野菜もふんだんに出ていたのでバランスのとれた食事を三食摂れていたのだと思います。
 
 
参考記事:子供の成長ホルモン分泌を増やす栄養素とは?
 
 
寝るころには、筋肉痛を感じながらも疲れのせいで早い時間にぐっすりと就寝。
 
 
成長を意識しているときに見るという歯が抜ける夢をよく見ていました。
 
 
そんな生活を休まず、中学校ではそんな生活を三年間続けていました。
 
 
特に、部活面では駅伝は秋から冬にかけてがシーズンなので、どの部活よりも引退が遅く、冬の大会がある年末近くまで練習を続けていました。
 
 
練習の成果が実って勝ち抜くということはありませんでしたが、運動は日々の習慣になり、受験近くになっても頭が冴えない日は、走って気分転換をしていました。
 
 
緩い部活でする適度で無理のない運動、栄養の足りた食事を三食、早寝早起きで私の体はすくすくと育ち、気がつくと3年間とも10cmずつ身長が伸びていました。
 
 
とはいえ、成長幅が大きくても元が小さいですし、周りの人も成長期でぐんぐん身長が伸びていたので、あまり実感として大きくなったという意識はありませんでした。
 
 
感覚としては女子の身長にやっと追いついたというぐらい。
 
 
中学3年生のころには同学年の女子に告白され、やっと自分も異性から恋愛相手として見られる体格に育ったのだなと感動したことを覚えています。
 
 
参考記事:中学3年生で身長が伸びない悩みはこれで解消できる!
 
 

周りを見て大きくなったと気づいた高校時代

実際に私が身長の伸びを一番実感したのは高校卒業時です。
 
 
高校に入ってからは背の伸びる速さも落ち着き、3年間で20cmほど伸び、卒業時には男子平均くらいの175cmに成長。
 
 
卒業式の日にたまたま、中学1年のときに同じクラスだったやつとトイレで会ったのです。
 
トイレ
 
そのとき、小便器に2人並んで、こちらを見て相手が言った言葉は「お前、でかくなったな」でした。
 
 
相手は中学時代にプロレス技をふざけて私にかけていた一人。
 
 
当時は体格の差と筋肉量でまったく歯が立たなかった相手が自分の目線の下にいて、こちらを見上げてしゃべっているのです。
 
 
そのとき本当に自分は背が大きくなったのだなと思いました。
 
 
本当はうれしくてたまらなかったのですが、「だろ?」と強がって軽い言葉で返しました。
 
 
相手にとっては何気ない自然に出た言葉なのでしょうが、トイレから出て別れた後で、ガッツポーズをしてしまいました。
 
 
私は素人なので、結局、食事と運動と早寝早起きと何が自分の体に急激な成長を与えた要因なのかはわかりません。
 
 
きっとそれはそれらが複合して作用したのだと思います。
 
 
中学時代を振り返って思うのは、大会での勝利や自分の記録の短縮などの結果になかなか近づかなくても、運動と栄養の撮れる食事を続ければ、筋肉や身長など体の成長にきっとつながるということです。
 
 

運動と食事、それに伴う睡眠が成長のカギ

いかがでしたか。
 
 
Sさんの場合は、駅伝部に入り運動を続けたことが、睡眠につながり、また、野菜や魚をも摂取する食事が成長のカギだったのではないでしょうか。
 
 
とはいえ、Sさんのように、中学入学前に120cm台だったとしても、最終的には、175cmまで伸びる可能性が十分にあるということです。
 
 

成長するための環境とやるべきことをしっかりとできたことがダイレクトに身長アップに効いてきたのでしょう。
 
 
仮に、中学生で身長に伸び悩む子供がいたとしても、環境を変えてみるだけで変わるのです。
 
 
運動不足を感じていれば、部活でなくても日々運動習慣をつける。
 
 
睡眠不足を感じていれば、よく寝れる寝具を揃えたり、適度な運動をする。
 
 
栄養不足を感じていれば、食事メニューを変えてみたり足りない栄養素をサプリメントで補ってみたり。
 
 
参考記事:アルギニンサプリメントで子供の身長を伸ばす
 
 
身長に伸び悩んでいるときは、Sさんの体験談も参考にしてみてくださいね。
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す