成長期の子供たちが身長を伸ばしたい場合には、
食事と運動、睡眠が基本となりますが、活性酸素がどうしても気になります。

激しい運動をすると活性酸素が大量に発生するので、
細胞の老化を早める可能性があります。

しかし、30歳くらいまでは、無力化する酵素の力が強いので、
紫外線を浴びながら外で運動をしてもあまり問題はありません。

今回は、体の大敵である活性酸素についてです。

スポンサーリンク

活性酸素はなぜ作られるのか?その役割について

日本においては、活性酸素という一つの物質のように
論じられることが多いのですが、実際には5種類あります。

この中で人体に大きな影響を及ぼすものは、
ヒドロキシルラジカルという物質で、
活性酸素の中でも酸化力が一番強いとされています。

このヒドロキシルラジカルは、糖質やタンパク質、脂質などと反応することで、
細胞を損傷させる原因になります。

身長を伸ばすために運動をすると、
このヒドロキシルラジカルという活性酸素が発生しますが、
通常の場合はすみやかに消滅します。

運動4

なので、活性酸素を無力化する抗酸化酵素が
分泌されている若い世代ではあまり問題はありません。

しかし、30代を過ぎると全てを無力化することが難しくなるので、
抗酸化物質を摂取して活性酸素を消滅させます。

活性酸素の中で一番酸化力が強いとされる
ヒドロキシルラジカルを消滅させる栄養素としては、
ベータカロチン、ビタミンE、リノール酸、システイン、
フラボノイドなどがあります。

ベータカロチンは、しそや人参、ほうれん草、カボチャなどに多く含まれていて、
油で調理をすることで吸収率を高めることができます。

にんじん

カボチャやしそ、ほうれん草などは、
ビタミンEも多く含んでいるので、活性酸素を消滅させる力が非常に強いとされています。

ほうれん草

子供たちの場合には、活性酸素を無力化する酵素が、
非常に多く分泌されているので、
栄養バランスのとれた食事をしていれば問題ありません。

参考記事:子供の偏食が身長に及ぼす影響と改善方法について

運動で発生する活性酸素に問題はあるのか

有酸素運動は活性酸素を生じるので、
様々な病気の発生を助長しているのではないかという否定的な意見もあります。

実際には、一時的には細胞組織の機能を低下させてしまいますが、
その機能が低下した後には、回復力がアップして細胞組織の機能が高まるとされています。

また日常的にビタミンEを摂取していると、
持久力を高めて、さらに活性酸素の発生を抑えるとされています。

活性酸素の発生を適正なレベルで維持する運動としては、
速歩きなどが良いとされています。

しかし、成長ホルモンを分泌させるためには、
強度の高い運動を必要とするので、どうしても活性酸素は発生します。

参考記事:身長を伸ばすバランスボール活用法とは?

運動5

一方、無力化酵素はタンパク質でできているので、
タンパク質を十分に摂取していれば、酵素の力を維持できるので、
健康に対する悪影響を防ぐことができます。

運動と活性酸素の発生は切っても切れない関係ではありますね。
それらをどのように防ぐかがポイントになってくるわけです。

活性酸素を防ぐために簡単にできる方法

酸素を利用して生きている人間には、
活性酸素から身を守るための防御システムが整えられています。

もともとは、紫外線から体を守るために誕生した
防御システムであるとされていますが、
現在では、酵素があることで、喫煙やX線照射、排気ガス、食物添加物などから
体を防御しています。

参考記事:身長のために食べないほうが良い食品添加物

また切り傷や精神的なストレスでも活性酸素が作られるので、
活性酸素の発生から体を防御するのが非常に難しくなっています。

簡単にできる活性酸素対策としては、
他の植物や動物などが持っている抗酸化物質を食事で摂取することが有効です。

特に、人間の場合は、野菜や果物などを食べることで、
自然に自分の体を防御しています。

野菜4

また、お茶やコーヒーに含まれているポリフェノールは簡単に摂取できて、
抗酸化作用も強いので毎日の習慣にすると健康維持に役立ちます。

お茶2

また身長を伸ばすために、激しいスポーツや、縄跳び、ランニングなどの
強度の高い運動をすると活性酸素がたくさん発生します。

このときに大切なことは、活性酸素を無毒化する働きのある
酵素を活性化させるために、その原料になるタンパク質やアミノ酸を、
食事やサプリメントなどから十分に摂取するということです。

参考記事:思春期にこそサプリメントを飲んだ方がいいんです

サプリにファイトケミカルを含むものがオススメ

活性酸素対策としてサプリメントを摂取するのであれば、
ファイトケミカルが含まれるものが有効です。

ファイトケミカルとは、果物や野菜に含まれる成分のことであり、
活性酸素を防ぐ効果が高いと言われています。

キウイ

このファイトケミカルは体内で生成することができないので、
果物や野菜などの食べ物かサプリメントで補給する必要があるのです。

参考記事:食後にバナナを食べると身長が伸びるのか

このファイトケミカルがの抗酸化力が非常に着目され、
ガンの予防やアンチエイジングなどの目的で摂取する人もいます。

果物といっても、その皮や種などに多く含まれるため、
粉末にしたサプリメントなどが作られているのです。

1日に人間が摂取すべきファイトケミカル量の目安は、
果物で約200g、野菜で約350gと言われています。

これらを全て食事で賄うのは、
物理的に難しいので、サプリメントでの摂取をオススメします。

サプリメントの摂取に抵抗がある人は、
普段の食生活に、果物とと野菜を多く、
特に、皮や種まで丸ごと食べる完全食品としての摂取を
心がけるといいでしょう。

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す