赤ちゃんの成長に睡眠は欠かせませんね。
 
 
やはり赤ちゃんは夜泣きをするので、
寝ては起きての繰り返しなんですが、
累計しても睡眠時間は長いです。
 
 
今回は、赤ちゃんの睡眠に着目し、
成長ホルモンを分泌させるための方法を紹介します。

スポンサーリンク

睡眠時間はやはり大事

赤ちゃんの成長に欠かせないのは、やはり睡眠です。
 
 
生後1〜2ヶ月の赤ちゃんであれば、
平気で15時間ほどは寝ると言われています。
 
 
ただ、お昼であろうと夜であろうと、
空腹などで2〜3時間おきに夜泣きするので、
親はなかなかまとまって眠れないということもありますね。
 
 
ただ、成長ホルモンの分泌に着目すると、
22時〜2時の4時間がゴールデンタイムとも言われているので、
この時間帯は少なくとも赤ちゃんは睡眠をとるようにしましょう。
  
 
参考記事:昼寝すると成長ホルモンが分泌しやすいのか?
 
 
布団に入る時間を考えても、
夜遅めに布団に入っても、熟睡するまでに時間がかかることもあるので、
夜8〜9時くらいに就寝するのがベストとも言えます。
 
 
また、赤ちゃんにも体内時計がありますが、
夜に眠るという体内時計が備わってくるのは、
生後3〜4ヶ月になってからとも言われています。
 
 
なので、生後4ヶ月くらいまでは、
しっかりと夜に眠る生活リズムを心がけるといいと思います。
 
 
参考記事:幼児の身長を伸ばすには睡眠が一番ポイントだった
 
 
そのためにも、育ての親が早めに寝るサイクルを作っていくことが
大事だと言えますね。

お風呂も睡眠も早めにする

睡眠だけでなく、お風呂に入る時間も
赤ちゃんの寝つき、成長に影響してきます。
 
 
お風呂も夜遅くに入ってしまうと、
寝る頃に覚醒してしまい、夜にしっかりと睡眠が取れない
ということも出てきます。
 
 
夜も6〜7時にお風呂に入っておけば、
9時くらいから寝るのには十分な時間帯だと思います。

赤ちゃんの時期は無理やり寝かせたりしない

赤ちゃんは赤ちゃんなりの生活リズムがあります。
 
 
いくら22〜2時がいいと言われていても、
赤ちゃんは平気で起きてきます。
 
 
そこで無理やり寝かせたり、
お昼にお友達が来ているからといって無理やり起こすと、
赤ちゃんにもストレスかかかってしまいます。
 
 
なので、体内時計が備わってくる生後3〜4ヶ月くらいは、
赤ちゃんの生活リズムに合わせ、
無理やり寝かせたりすることないようにしましょう。

部屋は暗くして寝る

赤ちゃんの成長ホルモンを分泌させて成長してもらいたいと思いますが、
それが、実は「部屋を暗くして寝る」というのがポイントです。
 
 
成長ホルモン自体は、深い眠りについているノンレム睡眠の時に、
より多く分泌されると言われています。
眠りについてから1時間前くらいからが、
いわゆる成長ホルモンが分泌しやすくなります。
 
 
ということは、深い眠りにつく必要がありますが、
それが実は部屋の電気が影響したりします。
 
 
部屋の電気がついていたり、
TVの明かりやスマートフォンの明かりなどとってみても、
赤ちゃんの睡眠の妨げになることがあります。
 
 
これは、科学的にも証明されており、
速が暗い空間では、「メラトニン」という眠気を誘うホルモンが分泌されます。
 
 
このメラトニンを分泌することで、熟睡につながりますが、
部屋を暗くするだけでなく、
お昼の時間帯に太陽の光を浴びることでも夜に分泌を促すことができます。
 
 
参考記事:日光浴をすると身長が伸びる仕組みについて 
 
 
なので、お昼は外で元気いっぱい遊んだ後に、横で寝ていたり、夜寝る時も、
大人の生活リズムで電気をつけるのではなく、
しっかりと電気を消して暗い空間で睡眠をとるようにしましょう。

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す