軟式野球のバットの長さは身長が中学生並の小学生では、他の子供たちと違うサイズのバットを用意する必要があります。
 
 
一般的にはバットのグリップが、鎖骨から足までの長さの半分程度が良いとされていますが、スポーツショップなどで実際にバットを振って選んだほうが体にフィットしたバットを見つけることができます。

スポンサーリンク

バットの長さは身長が中学生並のサイズに合ったものとは

バットの長さは身長が中学生並のサイズに合ったものにしましょう。
 
 
まず学校の部活動などで使っているバットは、長さと重量が同じ場合が多いのですが、小学生の場合は身長によってバットの長さを変える必要があります。
 
 
小学校1年から2年までは64cmから68cmくらいの長さで十分ですが、身長が160cmを超える6年生くらいになると80cmから81cmの長さが必要になります。
 
野球
 
バットの長さを考えるときに重要なのは、重心やバランスについての知識で、自分のプレースタイルにあった重心のバットを使わないと、思うように技術が向上しないといった問題が起きることがあります。
 
 
バットには重心の違いでトップバランス、ミドルバランス、カウンターバランスの3種類があります。
 
 
これは重心を先端に置くか、中間や手元に置くかという違いで分類されています。
 
 
トップバランスは、バットの先端にバランスをおいて、バットの遠心力をフルに活かしたスイングができるので、長期距離バッターに向いています。
 
 
ミドルバランスはバットの真ん中に重心があるので、コントロールしやすいので、アベレージヒッターに使いやすい構造になっています。
 
 
カウンターバランスは、手元に重心があるので、バットが軽く感じられて、インコースの球を打ちやすくなります。

バットの重さとバッティング技術の向上について

バットの長さについて考えるとき、長さとバランスを決めてから重さについて考える必要があります。
 
 
成長期の子供たちは筋力や体の大きさがすぐに変化をしてしまうので、重さを固定せずに、定期的に振ることができるギリギリの重さのバットを使うことが大切です。
 
 
小学生の子供たちは技術を吸収するスピードが大人に比べて格段に早いので、早い段階で個性や特技などを見ぬいて、それにあったバットを選ぶ必要があります。
 
 
また、子供たちは手首が柔らかいので、振ることができるギリギリの重さのバットを使うことで、スイングの力の方向や、ボールを打つ時の力の加減を覚えていきます。
 
 
少年野球では、従来から軽いバットを用いて練習をするのが基本でしたが、最近では小学生時代から重いバットを使うことで、重心を感じながらボールを打つ練習をするのが主流になっています。
 
 
成長期の子供は脳も成長しているので、自由にバットをコントロールできると、その動きを応用してさまざまなバッティングができるようになります。

小学生と中学生のスポーツ習得の違いについて

少年野球などをする場合、小学生と中学生は別々に練習するのが一般的ですが、体や脳の成長にあった練習をしないと、野球がなかなか上達しにくくなります。
 
 
小学生の時期は、運動神経などが成長する時期なので、野球の動きやバッティング技術の吸収が非常に早くなります。
 
 
この時期に十分な反復練習で、守備やバッティングの体の動かし方を学んでおくと、一生忘れることはありません。
 
 
中学生になると筋肉が増えてくるので、持久力をつけたり、長時間野球に集中できるスタミナを向上させていきます。
 
 
一般的にはねばり強さと呼ばれていますが、勉強や日常生活でも役立つので、自分をコントロールする力をつけて、苦しくても耐えながら野球を続けられる体力と精神力を培っていきます。
 
 
小学生や中学生の頃に身につけた技術や、セルフコントロールの技術は、一生忘れることはないものなので、将来的にはスポーツだけでなく、勉強や仕事、結婚生活などにもプラスの働きをします。

成長期にこそ、しっかりとしたカラダづくりが必要

バットの長さは成長具合に合わせて変えていく必要がありますが、ベストなパフォーマンスを発揮するには、それ相応のカラダづくりが必須となってきます。
 
 
筋トレや基礎体力をつけることはもちろんのこと、例えば、食事面でも偏りのないバランスのとれた食事が一番いいです。
 
 
筋肉をつけようと肉ばかり食べていても、しっかりと栄養素を摂取しなければ意味がありません。
 
 
特に、身長が低めの子供にとっては、まずは身長を伸ばしながらパワーをつけていきたいもの。
 
 
小学校低学年くらいから中学校くらいまでの成長期初期くらいのときには、子供の身長を伸ばすアルギニンをしっかりとっておきたいです。
 
 
食事のみではアルギニンは十分摂取しきれませんが、成長期応援サプリ「ドクターセノビル」なんかでは、1日分で5000mgも配合されているので効率よく摂取できます。
 
 
参考記事:アルギニン摂取量目安をクリアするために食べておきたい食品
 
 
参考記事:子供のアルギニン摂取量は1日5000mg以上が理想的
 
 
バットの長さを頻繁に変えなければならないくらい、身長が一気に伸びていくといいですね。

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す