糖質制限と身長の伸び率にはどのような関係があるのでしょうか。
 
 
身長を伸ばすために必要とされる栄養素は、カルシウムやマグネシウム、タンパク質などで、体の成長に関しては糖質はあまり重要視されていないのが現状です。
 
 
糖質を制限することにより、身長にどの程度影響するかを、今回はご紹介します。

スポンサーリンク

糖質制限をする前に糖質の役割を考える

糖質はご飯やパンに多く含まれている栄養素で、炭水化物として摂取されてから体の中でブドウ糖に変化して、小腸から吸収されます。
 
 
食事から摂取された糖質は、運動をする時の初期段階のエネルギーとして使用されており、ウォーキングなどの場合は、最初の20分程度は糖質が使われます。
 
 
ウォーキング
 
 
また、負荷の強い筋力レーニングにおいては、糖質だけをエネルギーとして使うので、炭水化物を摂取しなければ強度の強いトレーニングをすることができません。
 
 
糖質制限をして炭水化物の摂取量が不足すると、脳に対する悪影響も大きいとされています。
 
 
そのため、体の疲労を全く感じていなくても、脳がエネルギー不足になることで、疲労感や倦怠感を感じるようになります。
 
 
また糖質制限をすると、体重を減らすことができますが、炭水化物が不足していると、人間の体は筋肉をエネルギーとして使用するので、筋肉量が減少して体重と一緒に基礎代謝が減少します。
 
 
参考記事:30代男性の身長を伸ばす方法は断食が有効だった!
 
 
身長を伸ばす要素でもある運動は、日々の活動にも非常に重要な役割を持っているので、十分な炭水化物の摂取を心がける必要があります。
 
 
ごはん
 
 
糖質制限をする場合は、1日の糖質の摂取量を150グラム程度が良いとされていますが、この量は大体ごはん3杯分に相当します。
 
 
野菜や果物などにも糖質が含まれているので、糖質制限をする場合は食品に含まれている糖質を計算する必要があります。
 
 

糖質制限をしながら身長を伸ばす方法

糖質制限をすると、運動をするためのエネルギーが少なくなるので、成長ホルモンを分泌させるために、ある程度負荷のある筋トレを行う必要があります。
 
 
成長ホルモンと糖質制限は直接関係はありませんが、運動量が減ってしまうと、成長ホルモンの分泌が減少するので身長の伸びが悪くなります。
 
 
思春期までは睡眠をするだけでも、十分な成長ホルモンの分泌がありますが、20歳を過ぎている場合は、食事や運動でこのホルモンの分泌を増やさなければなりません。
 
 
糖質制限をする場合には、肉を多めに食べるのが一般的なので、アミノ酸やミネラルなどは十分に摂取することができますが、運動をしなければ効果が半減してしまいます。
 
 
参考記事:身長を伸ばす肉の種類を知っておきましょう
 
 
短時間で成長ホルモンの分泌を増やすトレーニングとしては、筋肉に大きな負荷を与えるレジスタンストレーニングが一番良いとされています。
 
 
筋トレ
 
 
レジスタンストレーニングとは、以下のように定義されています。
 
 

レジスタンストレーニング(resistance training)とは、
局所あるいは全身の筋群に負荷(抵抗)を与え、
筋力、筋パワー、筋持久力といった骨格筋機能の向上に主眼をおく
トレーニング手段の総称と定義されています

 
 
一般的に言われる筋トレに値しますが、素人がいきなり負荷が大きすぎるトレーニングをすると、危険なので注意して運動・トレーニングをしましょう。
 
 

栄養不足を補うために摂取しておきたい栄養素

20歳を過ぎてから身長を伸ばすためには、6時間以上の睡眠とアルギニンなどの成長ホルモンの分泌を促す成分の摂取が必要とされます。
 
 
参考記事:アルギニンサプリメントで子供の身長を伸ばす
 
 
しかし、例えばアルギニンを摂取するために、肉や大豆製品、豆乳を食べ過ぎると体重も増加してしまいます。
 
 
参考記事:身長を伸ばす豆乳の驚くべき健康効果とは

大豆
 
 
身長を伸ばすために必要な栄養素を配合したサプリメントを利用する方法もありますが、併せて適度な睡眠と運動は必要不可欠です。
 
 
糖質制限をし過ぎると、脳内のエネルギーが不足するので、空腹のために眠れなくなります。
 
 
人間の体は寝ている間も、50キロカロリー以上を消費しているので、お腹が空いていると空腹中枢が活発に働くことで、感情が昂ぶってしまい、なかなか寝付けなくなります。
 
 
空腹時にイライラしたり、攻撃的になるのも、空腹中枢の働きによるものです。

糖質制限と身長のまとめ

適度な糖質制限は体重を減らすのに効果的ですが、糖質は脳のエネルギー源でもあるので、過度に制限をすると運動不足になったり、空腹のために睡眠不足になって、身長が伸びにくくなる可能性があります。
 
 
成長期には糖質制限などを行わずに、規則正しい食生活を送ることが大切ですね。
 
 
参考記事:成長期が遅い特徴は最終的な身長が高くなる可能性が高い
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す