近年、デジタル化の発展が進んでいることもあり、外遊びをする子供達の姿が少なくなっています。
 
 
昔は、公園や広場で鬼ごっこなど走り回っているだけで、自然に丈夫で健康な身体の基礎を作っていました。
 
 
少子化や環境の変化などさまざまな理由があり、子供たちが外で思いっきり遊ぶことができる機会が減ってしまいました。
 
 
今回は、子供の体力低下の現状や影響、体力をつけるためにはどうしたら良いのかをまとめました。
 

スポンサーリンク

子供の体力はなぜ低下しているのか?


文部科学省が昭和39年(1964年)から行っている「体力・運動能力調査」があります。
 
 
それによると、昭和60年頃から現在まで子供の体力や運動能力は低下傾向が続いているようです。
 
 
平成12年の結果では、親の世代である昭和45年(1970年)の調査と比較してみたところ、ほとんどのテストの結果で子供の世代が、親の世代を下回っていました。
 
 
昭和45年というと約50年前になります。
 
 
その頃に比べると子供をとりまく環境は、かなり変化しています。
 
 
スマートフォンやパソコンなどをはじめ、便利なものが身の回りに溢れていて、自分で動かなくても生活に困ることがなくなりました。
 
 
その原因として、テレビゲームやインターネットの普及による室内遊びが主流になったことや、習い事の増加などが挙げられます。
 
 
子供の人口も減少していることや、治安の低下から子供だけで外遊びをさせない親も増えました。
 
 
小学6年生の息子を持つある親御さんは、その方の子供時代に比べてもかなり違いを感じているとのこと。
 
 
参考記事:小学生が外遊びをしないのは成長に影響ある?
 
 
ゲーム機が普及した頃は小学生だったのですが、それでもゲームよりも友達と外遊びをしていた記憶があります。
 
 
その方の息子さんの学校は、子供の数が少ないですが、野球やサッカーなどの外部のスポーツクラブに入っている子がたくさんいます。
 
 
これはつまり、放課後は外で遊ばず、家の中で漫画を読んだりゲームをするという子が多いということです。
 
 
また、最近では息子のクラスでもスマホを持ち始める子供が多くなりました。
 
 
スポーツ教室や塾が終わった後に、帰宅してから友達と携帯のLINEアプリでメールのやり取りや通話でコミュニケーションをとっていることにも驚いています。
 
 
生活が便利で快適になりましたが、これでは子供達の体力は低下する一方ですよね。
 
 

体力の低下で考えられる影響


これらの時代の変化とともに、子供達の体力の低下が及ぼす影響について、ここで列挙してみます。
 
 

肥満や生活習慣病

子供の運動不足に加えて、スーパーやコンビニに行けばいつでもどこにでもジュースやお菓子が食べられる環境があります。
 
 
現在は子供の5人に1人が生活習慣病の予備軍といわれていて、肥満傾向の子供が増加しています。
 
 
肥満であることを自覚しないで改善しないままでいると、高血圧や高脂血症、糖尿病など将来の生活習慣病に繋がる恐れがあります。
 
 
生活習慣病は自覚症状のないまま時間が経過していまい、気が付いた時には合併症などを引き起こし、最終的にはもっと重篤な病気になる恐れがあります。
 
 

社会全体の問題

このまま子供の健康への悪影響が続いた場合は、病気の増加や気力の低下によって社会を支える力が減っていきます。
 
 
最近ではニートや引きこもりも問題になっています。
 
 
小さい頃から体力がないとそうなってしまうわけではありませんが、体力の低下は心の健康にも少なからず影響すると考えられています。
 
 

集中力が低下する

運動をする機会が減り、長時間ゲームや塾で座る姿勢が長くなると姿勢が悪くなり肩こりも引き起こしてしまうのです。
 
 
そうすると、肩の痛みや頭痛なども引き起こしていまい、学習意欲や集中力までもが低下してしまいます。
 
 

子供達の体力をつけるためにできること


具体的には、例えばスポーツ教室などに入会させるのも良い方法だと思います。
 
 
働く親が増えて、スポーツ教室に入会する子供は増えています。
 
 
スポーツ教室にいけば年の近い子供がたくさんいますし、違う学校の友達も出来ます。
 
 
そこで学ぶ人間関係もありますし、友達とコミュニケーションを取りながら運動をして体力をつけていくことが出来ます。
 
 
スポーツ教室を選ぶときは、子供の興味があって継続が可能な所が良いですね。
 
 
また、私の知り合いでは、子供が欲しがっていた犬を飼い、朝晩散歩するということを運動不足解消の方法にしていました。
 
 
その子はまだ小学生なので、散歩に行く時はお母さんも一緒に行っています。
 
 
親子のコミュニケーションも取れて、お母さんも運動不足解消になり、子供に生き物を飼う責任感も芽生えるので、犬を飼うということも体力をつけるためにはおすすめです。
 
 
「ゲームは辞めて、外で遊んできて」といっても、小学生にもなるとゲームの楽しさを覚えたらそういうわけにもいかなくなります。
 
 
親世代もスマホのアプリゲームなどが好きな時代です。
 
 
参考記事:ブルーライトを浴びすぎると身長に悪影響を及ぼすのは本当?
 
 
スポーツに興味を持って、運動して欲しいと考えるなら少しの時間でも公園に行って、ボール遊びなどで一緒に体を動かすなどしましょう。
 
 
少しの移動なら自動車を使わないで歩くことも大事です。
 
 
運動が苦手という親御さんは、散歩でも良いと思いますので機会をつくることが大切ですね。
 
 
先ほどの親御さんは、息子が保育園の年長の頃に、遠足で往復で4キロも歩いていたとのこと。
 
 
子供は、大人が思っているよりも体力を持っていたことに驚いたそうです。
 
 
まだ子供が小さいのに、そんなに歩かせるのはかわいそうと思い込んでいたのですが、子供の可能性を奪っていたのだなと反省したようです。
 
 
親が子供達の成長のためにできることを、こういう思いから気づくことも多々ありますね。
 
 
参考記事:子供の成長のために親ができること

 

子供の体力づくりをサポートするために

子供には将来、丈夫な身体でずっと健康でいて欲しいと思いますよね。
 
 
そんななかで子供達の体力をつけるための方法は、睡眠、運動、栄養、様々なアプローチを始め、いくらでもあります。
 
 
私の経験では、自分たちで考えうることを試してもなかなか体力がつかない、成長が不安だ、という場合には、実際に成功体験を持っている人から話を聞いています。
 
 
なかでもとても多かったのは、サプリメントを活用して体力づくりのサポートをしていたという声です。
 
 
意外にも、プロテインのような筋力・体力をつけるようなものよりも、身長が伸び悩んでいたときに栄養サポートのためにサプリメントを子供に飲ませていたら、風邪をひきにくくなった、という声も聞いたことがあります。
 
 
例えば、アルギニンを豊富に含むドクターセノビルなんかも、身長が伸び悩んでいる子供にとっては体力づくりの一環としてのサポートになります。
 
 
参考記事:ドクターセノビルの評判まとめ!飲んでみた人の感想を参考に
 
 
毎日の生活で出来ることから、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。
 
 
➡︎ドクターセノビルの詳細はこちら
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す