子供の時に、親から「ご飯はよく噛んで食べなさい」と言われた覚えがある人は多いのではないでしょうか?
 
 
最近は食生活の変化で、食べ物を噛まなかったり、噛めない子供が増えてきていると言われています。
 
 
今回は、子供が食べ物を噛まないときにどうしたらいいのか、その改善法をお伝えします。
 
 
また、食事をよく噛むと消化吸収に良いことはよく知られていますが、他にはどんな効果が期待できるのか、食事をよく噛む効果についてまとめました。
 

スポンサーリンク

 

子供が食べ物を噛んでくれるようになるコツ


子供が自発的に「健康のためによく噛んで食べるぞ~!」とはなりませんよね。
 
 
家族はどのような工夫をすると良いのでしょうか?
 
 
毎日、「よく噛みなさい」と注意してしまうと子供は、余計嫌がってしまいます。
 
 
ある家庭では、小学生の息子に噛む回数を増やすコツがあると言います。
 
 
それは、噛む回数を数えるのではなくて、例えば「じ・て・ん・しゃ・に・の・り・た・い・な」という言葉を、ご飯を噛みながら3回唱えてみて、と言います。
 
 
すると、ゲーム感覚で楽しんでくれます。
 
 
言葉のバリエーションを変えながら、子供が楽しく食べ物を噛むのには良い方法だと思います。
 
 
ほかにも、子供が食べ物を食べるときに、一緒に「もぐもぐ」と親が食べ物を噛む様子を見せることも効果的です。
 
 
これは人は反射的に行動を真似する習性があるため、同じ行動を真似しやすいです。
 
 
子供に言葉をかけるだけでなく、実際の動作を見せる、というのがポイントですね。
 
 
ただ、これらのことは、意識していないとすぐに忘れてしまうため、日々の習慣となるように繰り返し実践してみましょう。
 
 
食べるという行為は、生まれつき出来るものではなく、小さい頃から少しずつ身につけていくものです。
 
 
きちんと子供が食べ物を噛んで、良い習慣を身につけて欲しいですよね。
 
 

どうして食事はよく噛んだほうが良いのか

よく噛むことがが体に良いと言いますが、その効果について知っておきましょう。

消化吸収を助ける

よく噛むと、唾液と一緒にアミラーゼという消化酵素が分泌され、米などに含まれるでんぷんの消化を吸収しやすく手助けしてくれます。
 
 
これによって、胃腸での消化吸収が助けられ、食事に含まれる栄養素を効果的に取り入れることができます。

虫歯の予防

よく噛むと、唾液が分泌されます。
 
 
唾液には、食べ物を消化する助けをするほかに、口の中の虫歯菌や歯周病菌を殺す効果があり、歯垢もつきにくくなります。
 
 
さらに子供のときからよく噛む習慣があれば、歯並びもよくなり、丈夫な歯をつくります。

脳が発達する

よく噛むことであごが刺激され、脳に血液が送り込まれて活性化します。
 
 
また十二指腸から分泌されるホルモンの働きが活発になり神経や脳に働きかけます。
 
 
ということは、たくさん噛むことで集中力が高まり、学習能力が発揮されるのです。
 
 
子供のおやつにスルメが良いのもこのことからなのですね。
 
 
では、次にデメリットについてです。

噛まないとどんなデメリットがあるのか

唾液の量が減る

食事をよく噛まないと唾液の量が少なくなってしまい、口の中が酸性になった状態が長く続いてしまい、結果的に虫歯のリスクが高くなってしまいます。
 
 
また、歯周病や口臭の原因にもなます。

よく噛まないと太る

食事をはじめてから満腹感が出てくるのは20分くらいだとされています。
 
 
よく噛まないで早食いになってしまうと、満腹中枢が作用される前に必要以上に食事を食べてしまうことになります。
 
 
噛めば噛むほど満腹中枢が刺激されるので、必要以上に食べなくてすみ肥満防止にもなります。

胃の負担になる

あまり噛まずに飲み込むと、胃に負担がかかります。
 
 
食べ物が胃の中でなかなか消化されずに、胃の中にとどまったり、胃が痛くなったりすることで、胃腸に関する病気になったり下痢をしやすくなります。

顎関節症(がくかんせつしょう)発症の可能性

噛まないと顎の筋肉が弱くなります。
 
 
そうなると、顎の関節に力が入った時に支える力が弱くなってしまいます。
 
 
ひどい場合は、顎が痛い、顎が鳴る、口が開けづらいなどの顎関節症になってしまう場合もあります。

また、噛むときは片側ばかりで噛むと、顔の歪みにつながるので、左右均等に噛むことを心がけましょう。

どのくらい噛んだらよいのか

 一口何回噛むのが良いかと調べてみると、30回噛むという意見が多かったです。
 
 
小中学校の授業でも昔から「一口30回」が一般的でした。
 
 
免疫力を上げることを期待するなら最低50~70回噛むと良いと言われています。
 
 
30回ともなると、意識しないとなかなかできませんよね。
 
 
小学6年生の息子さんがいる家庭では、白米を噛んでいるところを観察してみると、だいたい10回位噛んで飲み込んでいたそうです。
 
 
でもきんぴらごぼうなどの歯ごたえのある料理はきちんと30回位は噛んでいます。
 
 
私自身もそうでしたが、子供の頃はご飯を全く噛んでいませんでした。
 
 
そのせいか、早食いで思春期の頃は太っていましたし、虫歯も多く歯科にかなり通った覚えがあります。
 
 
子供は一度苦手だと思い込むと、それが習慣になることもります。
 
 
例えば、給食が全部食べられない、というのも子供ならではの悩みです。
 
 
参考記事:学校の給食が食べられない子供が克服したたった一つの方法
 
 
噛む、という行為そのものも習慣ですので、食べ物を噛まない子供は、今からでも落ち着いて噛む習慣をつけていきましょう。
 
 
この先の成長に関わることにもなります。
 
 
きちんと噛むようになるには、乳幼児期や児童期に噛む習慣を身につけることがとても大切です。
 
 

よく噛むことで身長が伸びる?

よく噛むことがとてもいいことがわかりました。
 
 
子供がよく噛むことで成長につながるかというと、その可能性は大いにあります。
 
 
食べ物を口の中で噛むことで分泌されるアミラーゼとともに、成長に関するホルモン分泌につながっていきます。
 
 
また、副交感神経が優位となり、リラックス効果、すなわちストレス解消など、良質な睡眠にもつながるため、身長が伸びる環境を提供してくれるといっても過言ではありません。
 
 
現代の食事は、柔らかいものが多いので、意識的ににぼしなどよく噛む必要があるものを食べることで、噛む習慣をつけやすくなります。
 
 

噛むことから子供の成長へ

よく噛むことがこんなに大切だったとは驚きですね。
 
 
特に、発育の途中であるお子さんをもつ親御さんは、栄養面に気を配るのと同じくらい子供が食べ物を噛むことを重視しましょう。
 
 
そして何よりも子供の気持ちがリラックスして、楽しい食事ができる環境づくりを大切にしたいですね。
 
 
参考記事:子供の成長のために親ができること
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す