身長は伸ばしたいけど、牛乳嫌いな人は、
成長に必要なタンパク質やカルシウムなどの栄養素を
他の食材で摂取しなければなりません。
 
 
また牛乳が好きという場合には、脂肪や糖質も牛乳には含まれているので、
毎日たくさん飲んでいると、カロリーを摂取しすぎて太ってしまうので、飲み過ぎるのも心配です。

スポンサーリンク

身長を伸ばすために本当に牛乳が必要か?

牛乳はカルシウムやタンパク質を豊富に含んでいるので、
子供の体を成長を促進することができますが、牛乳を飲まなければならないという科学的な根拠は無いとされています。
 
 
毎日の食事で、カルシウムを豊富に含んでいる大豆や、
緑黄色野菜、海藻、小魚などを食べている場合は、
牛乳を飲む必要はありません
 
野菜
 
1日に必要とされるカルシウムの摂取量は、
成人男性で650~800mg、女性で600~650mgとされています。
 
 
コップ1杯の牛乳には、カルシウムが227mg含まれているので、
最低でも1日3杯の牛乳を飲まなければなりません。
 
 
そこで、牛乳嫌いの人が身長を伸ばすためには、
牛乳以外の乳製品や、豆類、緑黄色野菜などから
必要なカルシウムを摂取する必要があります。
 
 
身長を伸ばすために必要なカルシウムを
牛乳嫌いの人が摂取するには、
しらす干しや煮干しなどの小魚を食べたり、
小松菜や、大根の葉、かぶの葉などの野菜を味噌汁などに入れて食べると
十分に摂取することができます。
 
 
参考記事:煮干しで身長が伸びるのは本当か?
 
 
また卵の卵黄部分にも多く含まれているので、
野菜や小魚が苦手な場合は、目玉焼きや、卵かけご飯などを食べることで、手軽にカルシウムを摂取することができます。

卵

牛乳は本当に体に良いのでしょうか?

牛乳を飲み過ぎると体に悪いといわれる根拠の一つに、脂肪分による肥満の問題があります。
 
 
動物性食品のとり過ぎは、コレステロール値や中性脂肪を増やすので、
牛乳嫌いの人は無理をせずに、カルシウムを小魚や野菜から摂取して、身長を伸ばす方が健康的な体を作ることができます。
 
 
もともと日本人は牛乳を薬として飲んでいましたが、
明治以降は北海道で大規模な酪農経営がされて、
全国に普及し始めました。

酪農

しかし本格的に普及をしたのは第二次大戦後に、
アメリカの国策として、
日本の給食に脱脂粉乳が導入されたことが
きっかけとなっています。
 
 
牛乳嫌いでも健康には影響がないことが牛乳の歴史を見るとよく分かると思います。
 
 
現在、世界的に牛乳の健康に対する影響について論議されているのは、
牛乳に含まれている「インスリン様成長因子1(IGF-1)」というホルモンのためです。
 
 
参考記事:成長ホルモンの作用に関連するインスリン、IGF-1とは?
 
 
このホルモンは適量の摂取では、体が成長するために非常に効果的なのですが、
過剰に摂取すると異常な細胞増殖によって、ガン化する可能性があるとされています。
 
 
この「インスリン様成長因子1」という物質は、成長ホルモンによって分泌されるものなので、通常は全く問題がないのですが、
ウシ成長ホルモンを投与されて育った乳牛から製造された乳製品の場合は、過剰摂取の危険性が高いとされています。

乳牛

日本ではウシ成長ホルモンに関する基準が定められていますが、表示する義務はありません。
 
 
ヨーロッパでは、ウシ成長ホルモンの投与が禁止されていますが、
アメリカやオーストラリアでは、使用が認められています。
 
 
日本においては、ウシ成長ホルモンの使用は認めないが、
使用している牛の輸入は認められているのが現状です。

身長を伸ばすためにカルシウムが必要な理由

カルシウムは身長を伸ばすために重要な
骨端線」の成長を促すので、
成長期にはたくさん摂取しておきたい栄養素の一つとされています。
 
 
しかしカルシウムは吸収率が低いので、注意をしなければなりません。
 
 
参考記事:カルシウムを過剰摂取すると動脈硬化になるのは本当?
 
 
牛乳の場合は40%、小魚は33%、野菜は19%の吸収率なので、骨端線を成長させるためには、
カルシウムの含まれている乳製品や小魚などの食品を上手に組み合わせて、
毎日摂取するようにする必要があります。

小魚

牛乳嫌いの人の場合は、野菜や小魚をたくさん食べないと
必要な量のカルシウムを摂取することができません。
 
 
とくに成長期の子供たちの場合は、牛乳嫌いでもチーズや、
グラタン、クリームシチューなどのメニューを食べることで、
カルシウムの吸収率を上げて、身長を伸ばすことができます。
 
 
効率的にカルシウムを摂取したい場合には、
吸収を促進する栄養素のマグネシウムビタミンD
タンパク質などを含んだ食品を一緒に食べるのが効果的なので、
様々な食品と一緒に摂取すると自然に吸収率が高まります。
 
 
食品だけでは足りないという不安がある場合は、サプリメントで補給すると効果的です。
 
  
カルシウムを多く含む【アスミール】は、カルシウムをはじめとして、ミネラル、ビタミンも摂取できるので、カルシウム以外にもバランス良く栄養を取りたい場合には有用です。
 
 
➡︎アスミール 詳細はこちら
  
 
身長を伸ばすために牛乳をたくさん飲む、
この常識はもはや通用しないと言っていいと思います。
 
 
食料・食材に着目しすぎるのではなく、
そこに必要な栄養素を見極め、
バランスよく摂取することが子供の成長につながるんです。

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す