30代男性というと、結婚適齢期にさしかかる人もいれば、転職や昇進といった、次のステップへ行く方も多々いらっしゃるかと思います。
 
 
そんな時に、「あと数cm身長が高かったら、見た目の印象もいいんだけどなぁ…」と、悩む人もいるかもしれません。
 
 
人によっては、サプリメントや巷で話題になる伸長グッズを購入する人もいるかもしれませんね。
 
 
また、整体や、O脚・猫背を治す、といったフィジカル面での伸ばし方ももちろん挙げられます。
  

参考記事:O脚と猫背を改善すれば身長が伸びるんです
 
 
人は見た目が9割とも言われていますが、やっぱり男前になる要素としては、高身長が挙げられるようですね。
 
 
ですが、30代にもなると、「もう身長は伸びないでしょ」、「むしろ縮んでくるんじゃないか」という声があがってきそうです。
 

スポンサーリンク

 

30代男性の平均身長は171.2cm

 
 
実際に30代男性に絞った場合、30〜39歳の平均身長は、171.2cmと言われています。
 
引用:総務省統計局 平成24年「国民健康・栄養調査」
 
 
私は161.6cm(2017年1月現在)なので、平均より約10cm低いですね。
 
 
あくまでも平均身長なので、これより高いとか低いとかで一喜一憂することはないですが、一般的な男性というと、このくらいの身長のようです。
 
 
また、気になるのが20代との差です。
 
 
20〜29歳の平均身長は171.6cmなので、30代の方が平均身長で見れば低いですね。
 
 
ですから、何も意識せずに生きていれば、30代の方が低い、すなわち30代で身長は伸びない、という固定概念が出来てきます。
 

30代でも身長は伸びる

 
もちろん個人差はあるにしても、30代でも身長は伸びる、という可能性があります。
 
 
実際に、30代になってから身長が2,3cm伸びたという人もいます。
 
 
私が思うに、30代にもなると、実際に何cm伸びたかが重要ではなく、見た目の印象的に「なんだかスラッと伸びたね」という声が出るか、の方が意識が行くと思います。
 
 
なので、あきらめることはありません。
 
 

30代男性の身長を伸ばすポイントは「成長ホルモン」

 
30代男性で身長が伸びた、という人の声を聞いてみると、「成長ホルモン」に秘密があるのではないかと思います。
 
 
成長ホルモンというと、成長期にたくさん分泌されるイメージですが、大人になっても成長ホルモンは分泌されます。
 
 
30代以降になると、成長ホルモン分泌量はどうしても成長期より減っていきます。
 
 
成長ホルモンが分泌されることで何が良くなるかというと、
 

・疲労回復につながる
・脂肪を分解する
・骨を強くする
・免疫力があがる
・代謝が良くなる

 
といった、フィジカルな面でのメリットが多くあるようです。
 
 
そして、成長ホルモンを増やすためには、睡眠・運動・食事が重要だと言われています。
 
 
ということは、日々の生活で成長ホルモンの分泌を促し、成長ホルモンが身長を伸ばす役割をになってくれるということです。
 

なぜ「成長ホルモン」が身長を伸ばすのか?

 
身長が伸びるメカニズムとしては、成長ホルモンが「骨端線(こつたんせん)」という骨の連結部を伸ばし、結果的に身長が伸びます。
 
 
成長ホルモンは、脳の底部の脳下垂体から分泌されるホルモンであり、骨端線の成長には必須のホルモンです。
 
 
この骨端線は、確かに大人になると伸びなくなりにくいですが、成長ホルモンの分泌により、身長を伸ばすことは可能です。
 
 
なので、ポイントは、成長ホルモンを分泌させることなんですね。
 

成長ホルモンを分泌させるためには「断食」が効果てき面

 
成長ホルモンを分泌させるにも、様々な方法が挙げられるのですが、今回は、「断食」に絞ってお伝えします。
 
 
断食、すなわち空腹状態になることにより、血糖値が下がります。
 
 
そして、空腹になることで、脳は糖分を欲しがります。
 
 
それは、肝臓でグルコースが生成されて、同時に成長ホルモンが分泌されます。
 
 
このように、成長ホルモンは血糖値が下がると分泌が促されるので、空腹状態がベストな状況になります。
 
 
断食により空腹状態になることで、アンチエイジングなんかの効果にもつながるそうですが、これも成長ホルモンの効果ですね。
 
 
参考記事:空腹だと身長を伸ばす成長ホルモンが分泌されるというのは本当?
 
 
モリモリ食べて成長するイメージですが、一方で断食による成長ホルモン分泌で、身長が伸びることにつながるんですね。
 
 
断食に関して言えば、南雲吉則・ナグモクリニック総院長は、『「空腹」が人を健康にする』という本でも語っています。
 
 
空腹状態になることで、サーチュイン遺伝子が活性化し、成長ホルモンが分泌すると言われています。
 
 
一般的に、ご飯を食べない=不健康、力が出ないなどの印象がありますが、本当は、日本人がご飯を普段から食べ過ぎ、という感覚でもありますね。
 

お酒を控えることも断食の一種

 
断食というと、ご飯を食べないというイメージですが、それはお酒も摂取しないことも含まれます。
 
 
上記でも述べたように、肝臓で作られる成長ホルモンですが、お酒を飲みすぎると、肝臓機能の低下により、成長ホルモンの分泌も抑制されてしまいます。
 
 
なので、物を食べずに、お酒くらいは、、、というのも身長を伸ばすには避けたほうがよさそうです。
 

断食が難しければ、空腹を待ってから食事する

満腹状態では、成長ホルモンは分泌されにくくなります。
 
 
お腹が空いても、少し我慢してみることで、成長ホルモンの分泌と身長を伸ばすことにつながりますね。
 
 
空腹状態を作るには、断食をして物を食べないことが一番早いのです。
 
 
そこまでの状態にまでなかなかできない、という人は、「空腹になってから食事する」ことをオススメします。
 
 
空腹というのも、お腹がグ〜っとなるくらいの空腹感です。
 
 
空腹状態が少しでもできれば、成長ホルモンは分泌されやすくなります。
 
 
お腹が空いて栄養面が不安な時には

お腹が空いて栄養面が不安だという方には、身長を伸ばす可能性を高めるアミノ酸のアルギニンをはじめ、成長に必要な栄養素を多く含むドクターセノビル(Dr.Senobiru)でしっかりと栄養補給することで、不安なく空腹状態を得ることができます。
 
 
参考記事:ドクターセノビルの評判まとめ!飲んでみた人の感想を参考に
 
 
各種ビタミン類やカルシウムだけでなく、身長を伸ばす効果も期待されるサポートは万全。
 
 
空腹を保ちながらも、栄養を補給するサプリメントを飲むことにより、身長を伸ばすサポートにもなるので、ぜひ検討してみてくださいね。
 
 
➡︎ドクターセノビルの詳細はこちら
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す