身長があと5cmほしい、と願う人もとても多いと思います。
 
 
子供なのか、成長期を終えた大人なのかによってはアプローチする方法が異なってきます。
 
 
今回は、年齢別に身長をあと5cm伸ばす方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

0~1歳(幼児・赤ちゃん)の場合

この頃は、毎日のように成長しているので、数ヶ月ぶりにあった赤ちゃんがとても大きくなっていた、というのも珍しくありません。
 
 
この頃は、ミルクなどを飲んで育っていくのですが、なかなか飲まなくて悩む人もいます。
 
 
徐々に離乳食も始めていきますが、離乳食を始める時期は、生後5ヶ月から6ヶ月が一番良いとされています。
 
 
参考記事:身長を伸ばす離乳食 ー生後4ヶ月の子供をもつKさんの体験談ー
 
 
身長を伸ばす工夫は離乳食がポイントです。
 
 
離乳食も1~2ヶ月経つとバリエーションも増やしていけるので、ミルクや母乳で摂取しきれないものを試してみるといいでしょう。
 
 
具体的には、小魚チーズなどの乳製品です。
 
 
ただし、子供がアレルギー体質の場合もあるので、体に発疹がでたりした場合はすぐに中止しましょう。

2~3歳の場合

この頃では、健康に成長しているかの指標として、成長曲線と照らし合わせる方が多いです。
 
 
2~3歳の身長を伸ばす方法としての工夫は、ミルクを飲むか飲まないかによってきます。
 
 
ミルクをしっかりと飲む子供であれば、しっかりとそのまま継続してミルクを飲ませましょう。
 
 
一方で、ミルクをあまり飲まない子供には、幼児食をしっかりと食べさせてましょう。
 
 
気をつけなければいけないのは、この頃に味覚形成などもされていくので、味付けは薄めにして食べさせるのがポイントです。
 
 
濃い味になれてしまうと、今後の成長期に食べる食事も塩分過多のものだったり、身長を伸ばすのに影響する体質になってしまうからです。
 
 
徐々にヨーグルトなど脂肪分の少なめなものから、豆腐などの大豆系のものをしっかりと摂取することがコツです。
 
 
また、この頃に成長曲線に乗ってこない成長ペースだった場合、SGA(低出生児性)低身長症と診断されることもあります。
 
 
ただし、心配するのはまだ早く、成長曲線にのらずとも、この先ぐーんと身長を伸ばす子供もいます。
 
 
それでも心配という方は、小児科に診断してもらうといいでしょう。

4~6歳の場合

この頃には食欲も増してきますし、食べられるもののバリエーションが増えてきます。
 
 
ここでのポイントは主食・副菜のバランスとおやつです。
 
 
主食・副菜では、当然バランスのとれた栄養を意識する必要があります。
 
 
今まで嫌いなものがあったけど少しでも食べることができたら、子供をしっかりと褒めてあげることも重要です。
 
 
おやつを食べる子供は、食べてはいけないものをしっかりと把握しておきましょう。
 
 
当然、脂っこいものやインスタントフードは控えた方がいいですね。
 
 
参考記事:身長の伸びを阻害するジャンクフードがやめられない2つの理由

7〜12歳の場合

小学校に入ると周りの子供との身長の比較が顕著に始まります。
 
 
参考記事:小学生の子供の身長が伸び悩み始めた時にすること
 
 
身長を5cm伸ばすためには、食事・睡眠・運動をしっかり実践することです。
 
 
運動面に関しては、どのクラブ・部活に入るかで結構変わってきます。
 
 
また、夏の時期であれば プール によく泳ぎに出かける子供もぐんぐん身長を伸ばしている人が多いですね。
 
 
参考記事:プールで泳ぐことで子供の身長が伸びる3つの理由
 
 
食事面では、好き嫌いもわかりやすくなっているところですが、栄養バランスが不安な場合は、あくまでも補助的な役割でサプリメントを飲む子供も最近では増えてきています。
 
 
サプリメントといっても数多くあるのですが、ご飯はしっかりと食べるのに伸び悩む、という子供には「ドクターセノビル(Dr. Senobiru)」が向いています。
 
 
参考記事:ドクターセノビルの評判まとめ!飲んでみた人の感想を参考に

13〜19歳の場合

一番身長が伸びるこの時期には、様々な要素で身長が伸びる人と伸びない人に分かれてきます。
 
 
食事面では、好きなものばかり食べたり、カップラーメンやインスタントフードに偏る人も出てきます。
 
 
上記の7〜12歳の場合でも述べたサプリメントですが、この頃になると食事もしっかりとしているので、足りない栄養を補うサプリメントよりも、身長を伸ばす効果が期待されるアミノ酸であるアルギニンをしっかり摂取できるかがポイントです。  
 
 
アルギニン配合量で言えば、ドクターセノビルが圧倒的に多く、評判もいいので試してみるのもいいです。
 
 
参考記事:アルギニンをたくさん摂取する中学生は身長が伸びる理由
 
 
参考記事:小学生・中学生向け身長サプリメントランキング
 
 
運動面に関しては、どの運動がいい、というよりも、縦方向の運動が多いものや全身運動するものがいいので、バスケットボールやバレーボールを始めるのがいいですね。
 
 
参考記事:バスケットボールを始めて身長が伸びたryogaさんの体験談
 
 
参考記事:中学生の時に身長を伸ばすKさんの6つの習慣の体験談
 
 
この頃は成長痛が激しく、夜もなかなか寝れないという子供も多くいますが、足をなでたり、温めたりすることで鎮痛していきます。
 
 
ここで身長がなかなか伸び悩む人にとっては、あと5cmほしい!となってきます。
 
 
身長を伸ばす王道としては、食事・睡眠・運動をしっかり実践するというのは変わりませんが、他にも、背伸びや逆立ちをしてフィジカルに身長を伸ばしてみるのもおすすめです。
 
 
参考記事:背伸びをすると身長が伸びるってホント?
 
 
参考記事:身長を伸ばす方法として逆立ちもありなのか?

20〜29歳の場合

この頃は、成長期が終わっている方も多く、骨端線と呼ばれる成長線が閉じてしまっている人も多くいます。
 
 
しかし、この年齢層でもまだまだ伸びている事例もあります。
 
 
この時期に身長を5cm伸ばそうと思ったら、やはり栄養面のサポートや運動、骨盤やO脚、猫背の改善などがあります。
 
 
参考記事:20代後半でも骨盤体操で背骨を矯正すると身長が伸びる? 
 
 
参考記事:大学生まで身長が伸びたSさんの体験談
 
 
参考記事:O脚と猫背を改善すれば身長が伸びるんです
 
 
参考記事:高校生・成人向け身長サプリメントランキング
 

30~39歳の場合

30代に身長を伸ばす方法は、むやみに食事をするのではなく、むしろ断食が有効です。
 
 

参考記事:30代男性の身長を伸ばす方法は断食が有効だった!
 
 
成長ホルモンを分泌促進するには、実はこの断食が有効で、空腹が食べ過ぎた体の毒素を抜いてくれます。
 
 
お酒なども飲む機会が増えるこの頃には、満腹になる状態を避け、極力デトックスさせることがポイントです。

40歳〜の場合

40歳以上でも身長が伸びた事例もあります。
 
 
参考記事:40代で身長が伸びた人の存在と現実
 
 
こちらも姿勢を正す努力と、成長ホルモンを分泌させるための栄養サポートがとても大切です。
 
 
いかがでしたか?
 
 
どの年齢にも共通して言えるのが、下記の2つに行き着くことがわかるかと思います。
 
 

・食事、睡眠、栄養をしっかりとする
・姿勢を整える

 
 
年齢別で切り口を変えてみてみてくださいね。
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す