最近では、企業でも昼寝を推進しているところもあります。
 
 
赤ちゃんや子供のみならず、昼寝の効果はかなり多く伝えられています。
 
 
私自身も、大学受験勉強時には、昼食は15分ほど必ず昼寝をしていましたが、頭がすっきりするだけでなく、様々なメリットがあるように感じていました。

今回は、昼寝と成長ホルモンとの関係についてです。

スポンサーリンク

昼寝では成長ホルモンは分泌しない

昼寝と成長ホルモンの分泌には関係性がありますが、15分から30分程度の睡眠時間では、脳の活動を活性化する効果だけで、実は、成長ホルモンの分泌を増やすことはできません。

昼寝は、昼食を食べた後の短時間の仮眠のことで、スペインでは「シエスタ」と呼ばれる長い昼休み休憩が習慣となっています。

シエスタの習慣のあるスペインやポルトガルは、午後の1時ごろから2時間程度の睡眠をとりますが、日本とは異なり朝早くから活動を始める習慣があるので、合計の睡眠時間は世界的な平均と差がありません。

また、スペインでは、夜遅くまで活動をして、朝早くから仕事をするのが習慣なので、夜の睡眠時間が短くても健康的な生活を送ることができます。

脳の健康を重視する場合は、午後の1時から3時の間に15分から30分程度の仮眠をとることが良いとされています。

その根拠としては、短時間の仮眠によって、脳を一時的にストレスや興奮状態から開放できるというものであり、仕事によって交感神経が活発に働いている状態を沈静化するのが目的とされています。

昼寝と瞑想はどう違うのか

昼寝と同様の効果があるとされるものには、瞑想があります。

瞑想

瞑想は、自分の呼吸や体の動きなどに注意を向けることで、交感神経の興奮を抑制してストレスによるリスクを低減させる効果があります。

これは目を閉じたまま5分から15分程度何も考えないようにするというもので、慣れるまでは自分の呼吸を意識することにより、仕事などの不安や悩みなどから一時的に開放されます。

昼寝以上に脳に関わるデトックスの要素が多いですね。

注目を集めている昼寝の方法としては、コーヒーを飲んで仮眠をとるというもので、この方法を行うとカフェインの効果で短時間で覚醒するというメリットがあります。

参考記事:コーヒーを飲むと身長が伸びないという噂は嘘だった
 
 
しかし、仕事中や休み時間に15分から30分程度の仮眠をとるのは非常に難しいことなので、アメリカを中心に仕事中にできる短時間の瞑想が流行しています。

昼寝と成長ホルモン

成長ホルモンは2時間以上の睡眠をすると分泌されるので、昼間に2時間以上の睡眠をとることで分泌を促すことができます。
 
 
連続する2時間から3時間の睡眠が必要なので、通常の日常生活を送っている人には難しいのですが、美容のためにホルモンの分泌を増やしたい場合には、長時間の昼寝も選択肢の一つとなります。
 
 
しかし、長時間の昼寝をすると夜間の睡眠時間が減少するので、トータルすると1日あたりの成長ホルモンの分泌量は同じです。
 
 
2時間以上の昼寝ができるのは、赤ちゃんやまだ小さい子供であることが多いと思いますので、昼寝によって成長ホルモンの分泌を狙うのは難しいでしょう。

一方で、短い仮眠のメリットを示す研究としては、国立精神・神経センター武蔵病院によるものが有名で、1日30分以内の仮眠を定期的に行っている人は、そうでない人と比べるとアルツハイマー病の発症リスクが5分の1に低下するというものです。

また、広島大学の研究によると、高齢者の場合は昼寝をすることで血圧を低下させることができるので、高齢者の生活習慣病予防の可能性もあります。

昼寝のメリットとしては、パフォーマンス向上のみならず、こういった病気を予防することにもつながります。

理想的な昼寝の仕方

理想的な昼寝の方法としては、午後の1時から3時のあいだで15分から30分程度の仮眠をとるというものです。

1時間以上仮眠をとると深い睡眠状態になるので、起きるときに疲労を感じることがあります。

また昼間に寝すぎてしまうと夜間の睡眠が短くなるので、セロトニンの分泌が正常に行われなくなるので、不安や緊張を感じることが多くなり、他人との積極的なコミュニケーションが減少するリスクがあります。

セロトニンは昼間に多く分泌される脳内物質で、この物質が減少すると不安を感じやすくなり、うつ病やパニック障害などの症状を引き起こすことがあります。

心身を健康に保つためには昼間の明るい時間帯に体を動かして、夜に睡眠をとるのが人間の本能的な習慣なので、昼寝によって昼夜逆転の生活になることで精神的に不安定になったり、免疫力が低下するリスクが高まります。

特に、高齢者は昼間の活動量が少ないので午後に昼寝をしてしまうと、寝付きが悪くなって夜中に何度も覚醒してしまうことがあるので、昼間は外に出て体を動かしたり、人とのコミュニケーションを楽しむなどの工夫が大切です。

昼寝による成長ホルモンの分泌は、2時間以上まとめて睡眠がとれる赤ちゃんなど以外ではあまり期待されませんが、昼寝による恩恵はかなり大きいものだということですね。

参考記事:高校生が夜寝れないときに眠れるようになるには?
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す