都道府県別の平均身長を見てみると、北国が1位から3位までを独占しています。
この理由に関しては、諸説あるとされています。

また、世界的にはオランダ人の身長が高いことが知られていますが、
共通点はほとんどありません。

地域によって食べ物や風習、気候などが複雑に関与することで、
身長にも影響している可能性があります。

今回は、北国における平均身長が高い理由についてです。

スポンサーリンク

北国の平均身長が高い理由を考える

まず、前提として哺乳類のような体温が一定の動物の場合は、
ベルクマンの法則」が成り立ちます。

ベルクマンの法則とは、以下のようなものです。

ベルクマンの法則(ベルクマンのほうそく)とはドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマン(Christian Bergmann)が1847年に発表したものであり、「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」というものである。

引用:ベルクマンの法則 – Wikipedia

これはクマなどにも当てはまり、
寒い地域に生息しているものほど大型の種になる、というもので、
これを人間に当てはめると北国の方が平均身長が高くなる、とも考えられます。

クマ

日本に生息している動物では、
本州に生息しているツキノワグマと北海道のヒグマの例がありますが、
鹿などに関しても北海道のエゾシカが一番大きくなっています。

人間の場合は、経済活動が関係しているので、
寒い地方に住むことで身長が伸びるとは必ずしも言えません。

一方で、食生活について見てみると、
石川県や秋田県などは水産資源が豊富なので、
毎日の食事で成長に必要とされるタンパク質やカルシウムなどを
たくさん摂取できることで身長が高くなった可能性もあります。

成長ホルモンの分泌に必要な運動に関しては、
北国ではなどで気候が安定していないことから、
全国平均よりも少なくなっています。

雪

また、柳田国男は『遠野物語』の中で、
北国には昔からロシア地域からの船が往来していて、
白人とのハーフの子供が多く存在していることを記しています。

実際に岩手県の遠野周辺には多くの伝承が残されていて、
すぐにハグをしてくるなどの西洋人の習慣について
書かれた部分もありますが、
北国における平均身長の高さとの関連性はわかりません。

北国にある身長を伸ばすのに効果的な食品

魚に関しては、日本の場合は全国的に流通しているので、
身長との関連性は低いと考えられますが、
石川県や秋田県などの沿岸地域では、
東京などの首都圏に比べるとを食べる比率が高くなります。

魚

魚にはアルギニン、マグネシウム、カルシウムなどの
身長を伸ばす成分が多く含まれているので、
成長期に毎日食べていると身長が高くなります。

参考記事:煮干しで身長が伸びるのは本当か?

また、東北地方などでは魚以外にも、
野菜や果物などが安い価格で流通しているので、
都市部に比べると、成長に良いとされる食品を手に入れやすくなります。

成長期の食事は身長に直接影響するので非常に大切で、
小さな頃から魚やチーズなどの
栄養価の高い食事を食べていると、
骨や筋肉の成長が早くなります。

どんな魚を食べると身長が伸びるのか

成長ホルモンの分泌を促すアルギニンを多く含む魚は、
赤身の部分が多いクロマグロやカツオなどがありますが、
魚から作られた食品には、より多くのアルギニンが含まれています。

代表的なものはかつおぶしで、
クロマグロの3倍近いアルギニンの含有量になります。

アルギニンは子供の体の中では作ることができないので、
成長期の間は積極的に摂取する必要があります。

不足すると成長ホルモンの分泌が
減少して思うように身長が伸びないこともあります。

成人の場合は子供よりも身長の伸び率が低いので、
大人の成長に必要とされる栄養素を配合した健康食品などを摂取すると、
身長が伸びる可能性があります。

参考記事:思春期にこそサプリメントを飲んだ方がいいんです

成長には個人差があるので、
20歳を過ぎても背が高くなることがあります。

また女性の場合はO脚やX脚を改善することで、
見た目の身長を高くすることができます。

参考記事:O脚と猫背を改善すれば身長が伸びるんです

男性の場合は顎を上げて姿勢を良くするだけで、
数cm身長を高く見せることができます。

北国と身長についてのまとめ

北国の方が身長が高いのは、
栄養や睡眠、運動などの成長に必要な条件が整っていることが影響しています。

寒い地域に住めば背が高くなるわけではなく、
成長するための条件が揃えばどの地域に住んでいても身長を伸ばすことができます。

ベルクマンの法則に関しては、移動手段が発達している現在の人間において、
あまり当てはまりませんが、
沖縄の平均身長が低く、東北が高いことは確かです。

北海道に関しては本州からの移民が多いので、
標準的な身長になっていることが考えられます。

寒いところに住むのに慣れてくると、
そもそも体が強くなっていくので、
成長するのにはいいかもしれませんよね。

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す