小学生の低学年のうちは、あまり身長は気にならないかもしれません。
 
 
しかし、中学年、高学年と進んでいくと、明らかにクラスの中でも身長差が出てきます。
 
 
「小学生の時に伸びなかった子は、は中学生になってから伸びるから大丈夫」と思っていても、親も子供本人も内心はとても気になるところですよね。
 
 
そして、子供がゲームやスマホを持つようになると、成長期の頃から睡眠不足につながり、身長が伸びるどころか縮んでしまうのではないかと不安になる人もいらっしゃいます。
 
 
今回は、睡眠不足で身長が縮んでしまうのか、というお話です。
 

スポンサーリンク

 

子供の睡眠不足で身長が縮むこともある!

 
 
子供の睡眠不足は、身長が伸びにくいという問題を引き起こし、成長に大きな影響を与える可能性があります。
 
 
成長ホルモンはその名前の通り、成長に欠かすことのできないホルモンで、「身長を伸ばすホルモン」として知られています。
 
 
成長ホルモンは、夜の10時頃から増え始めて、深い眠りについている夜中の2時頃に大量に分泌されます。
 
 
そうなると、夜の9時には寝ていたいですね。
 
 
参考記事:高校生が夜寝れないときに眠れるようになるには?
 

 

生まれてから成長期にかけては、一生の中で成長ホルモンが最も活発に分泌されています。
 
 
成長のためにとても大切な時期です。
 
 
睡眠不足が続くとイライラしてキレやすくなり、学力や集中力も低下します。
 
 
小6の男の子を持つ親のお話です。
 
 
子供の身長が140㎝ちょうどで、平均よりは小さめとのこと。
 
 
参考記事:中1で身長140cm!もう伸びないのか?
 
 
子供は夜の9時になったら寝ていますが、クラスの友達は高学年になってから夜の11時くらいまで起きていることが増えてきたといいます。
 
 
習い事や塾に通う子供が多くなってきて、だいたい夜の9時前後に帰宅し、ご飯を食べたりお風呂に入ったりゲームをしたりするので、寝るのはさらに遅くなります。
 
 
これから成長期で身長が伸びる時期なので、ちょっと心配ですね。
 
 
参考記事:小学生に必要な睡眠時間と中学受験の成長に対する影響
 
 
また、自分の身長を気にして頻繁に測り、朝と晩の身長が1~2cm縮んでビックリする人もいますが、身長は一日の中で変化するものなので問題はありません。
 
 
身長を測定する時間帯により、骨の伸び具合が異なるので若干誤差はありますが、やや縮んでくる、という人も0ではないようです。
 
 

やはり身長が伸びないのは遺伝が一番の原因なのか?

 
 
身長は遺伝では決まりませんが、全く無関係ではなく、その影響は25%だと言われています。
 
 
意外と影響力は強くはなかったのですね。
 
 
家族全員の身長が高かったり、低かったりする場合もありますが、これは食生活などの生活環境が似ていることが関係しています。
 
 
参考記事:親は高身長なのに子供の身長が伸びなかったUさんの体験談
 
 
戦後と比べると、日本人の平均身長は飛躍的に高くなりました。
 
 
やはり、食習慣の変化が大きいと思います。
 
 
身長が低い・高いは遺伝だけとは言い切れないのです。
 
 

どうしたら子供の身長は伸びるのか?

 
 
身長を伸ばすために必要不可欠なのが、やはり「成長ホルモン」です。
 
 
そのため、成長ホルモンを多く分泌させるためには規則正しい生活(運動・食事・睡眠)が必要です。
 
 

適度な運動と遊び

身長を伸ばすには、骨端線(こつたんせん)と呼ばれる軟骨に刺激を与えることが良いと言います。この骨端線は骨を伸ばすためだけに、子供の時だけあります。
 
 
刺激をあたえるだけで良いといっても、直接叩いたりするのではなく、日常的に体を良く動かして遊ぶだけでも十分効果はあります。
 
 
さらに、骨端線に刺激を与えるような、バレーボールやバスケなどのスポーツも良さそうですね。
 
 
参考記事:バレーボールを始めて身長が伸びたNさんの体験談
 
 
参考記事:バスケットボールを始めて身長が伸びたryogaさんの体験談
 
 

バランスの良い食事

成長ホルモンは肉や魚、穀類や豆類といったタンパク質から作られるので、バランスよく食事をとることが大切です。
 
 
一日3食しっかりと取りましょう。
 
 
成長期の子供がよく食べるのは、それだけ身体が求めている証拠です。
 
 
身長を伸ばしたいといって牛乳を飲み過ぎる人もいますが、あまり良くないことは近ごろ証明されています。
 
 
牛乳のタンパク質は胃腸にとても負担をかける上に、消化管でスムーズに処理されずアレルギーの原因になっています。飲み過ぎには注意が必要です。
 
 
参考記事:牛乳嫌いの子供の成長を助けるサプリメントとは

 

睡眠について

小学生の6~12歳の平均睡眠時間は、は9~11時間が必要だと言われています。
 
 
睡眠に関して言えば、好き嫌いや運動音痴など関係なく、比較的意識することで睡眠時間を取るということはできると思います。
 
 

早寝早起きをしてもらうためには、家族が協力しながら生活習慣を身につけさせましょう。
 
 
参考記事:子供の成長のために親ができること
 
 

低身長症の外来について

ただ、どうしても身長が明らかに他の子供と比べて伸びずに、「低身長症」ではないかと心配する親御さんもいます。
 
 
低身長症は、身長が平均よりも著しく低いことを言います。
 
 
食事、睡眠、運動などの生活環境が原因ではない場合、成長ホルモンが出ていない場合や、まれに染色体や骨の病気によるものもあります。
 
 
低身長かもしれないと心配な時は早めに小児科を受診しましょう。
 
 
早く治療を開始することが早い段階で身長を伸ばすことができます。
 
 
参考記事:低身長の不安から早めに医者へいくべきだったコロ太郎さんの体験談
 
 
また、小児低身長外来といった専門の小児科もあります。
 
 
私の知り合いにも小学3年生で110cm程しかなく、平均より20cm低い男の子がいました。
 
 
お母さんが、心配して低身長の外来に連れて行きましたが、検査の結果問題はなく病気でもなかったので様子を観察する事になったそうです。
 
 
他にも何人か低身長症の外来に行ったという話は聞きましたが、問題ないことが多いようです。
 
 
でも、一度受診して結果を聞くと安心ですね。
 
 

睡眠不足は簡単に治せる

 
 
睡眠不足になる原因は様々あると思います。
 
 
受験勉強だったり、不眠症だったり、親の影響だったり。
 

 
ですが、これらはあくまでも習慣・環境の問題なので、子供の睡眠を確保してあげることが親として一番のサポートになるのです。
 
 
布団に入ってもなかなか眠れないというように、子供の頃から不眠症で悩んでいる方であれば、それは何か悩みを抱えているかもしれません。
 
 
子供が言いたくても言えない悩みなどがあれば、親が聞いてあげることで解決するケースもあります。
 
 
参考記事:学校の給食が食べられない子供が克服したたった一つの方法
 
 
子供が睡眠不足で身長が伸びない、あるいは縮んできたと悩む方であれば、成長サポートとしてサプリメントで補助することも選択肢の一つです。
 
 
成長期の子供に効果的だと好評なのが、アルギニンを多く含むドクターセノビル(Dr.Senobiru)が挙げられます。
 
 
参考記事:ドクターセノビルの評判まとめ!飲んでみた人の感想を参考に
 
 
睡眠で悩む場合には、栄養面でもカバーしてあげることで、子供の安心につながり、睡眠不足も解消されることでしょう。
 
 
➡︎ドクターセノビルの詳細はこちら
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す