最初の子供が女の子で次が男の子だった場合に、ほとんどのお母さんが、「男の子は育てるのが大変…」とため息をついているのを耳にします。
 
 
そこには男の子と女の子で特徴に違いがあるように思います。
 
 
今回は、小学生の男の子の子育ての時に心がけることなどをまとめました。
 

スポンサーリンク
 

男の子は、女の子よりも育てにくい?

男の子は、落ち着きがない、病気になりやすい、自分の気持ちをはっきり言えないなどの特徴があります。
 
 
女の子は、成長も早く社交性があり、しゃべり好きでコミュニケーション力が発達しています。
 
 
というような事を比べてしまうと、女の子よりも育てにくのではないかと感じてしまいますよね。
 
 
男の子を育てるのが大変と言われているのは、女の子よりも手がかかるというイメージが根強いことにあります。
 
 
それは育てているお母さんが異性(女性)だからではないでしょうか。
 
 
女性と男性では物事に対する考え方や捉え方に違いがあるからです。
 
 
例えば、男の子は虫や葉っぱなどなんでも集めたり、高い所から飛び降りたりお母さんの予想できない行動を突然することがあります。
 
 
また、女性は同時に物事を進めますが、男性は目の前のことに集中します。
 
 
小学6年生の息子がいる方の話によると、自分の思い通りにしてくれなくてイライラすることがたくさんあるそうです。
 
 
でも、友人の中には息子がいてもそんなに大変ではないと言っているお母さんもいます。
 
 
性別というよりは、それぞれの子供の個性に違いがあるよう思えます。
 
 
それに男の子は女の子と違った優しいところもあります。
 
 
小学生のなると言う事を聞かなくなり、元気すぎるような一面もでてきますが一方ではお母さんに優しくなります。
 
 
その頃の女の子は、同性のお母さんに対して批判的な態度も出てくるようになるのですが、男の子はお母さんをかばうなど気づかいを見せてくれる場面が増えてきます。
 
 
育てにくいと感じるも、個人差がありますね。
 
 

男の子はほめて育てる!

ほめて育てるというのは男女とも同じですが、特に男の子はお母さんに褒めてもらうだけで頑張れるみたいです。
 
 
ほめる時は、「すごいね」「頑張ったね」「えらい」といようなほめ言葉もいいのですが、男の子には具体的に、何に対してどのように頑張ったのかというようなわかりやすい言葉で伝えてあげることが大切です。
 
 
知り合いの息子さんも、具体的にどういうところが良かったのか、その行動を認めてあげるととても喜ぶとのこと。
 
 
例えばテストで100点でなかったとしても、「この漢字を丁寧に書いていて凄く上手だね」というように具体的に伝えます。
 
 
努力した姿をほめてあげることがとても大切です。
 
 
子供は、お母さんにほめられることで自己肯定感が高まります。
 
 
自己肯定感が低いと物事をネガティブに考えることが多くなり、強い心が持てなくなってしまいます。
 
 
この自己肯定感は自分が認められることによって育まれ、自分の人生を自分で切り開いていく力がつけられます。
 
 
習慣がないと照れくさいですが、習慣化してたくさんほめてあげてください。
 
 
例えば、子供が給食をなかなか食べられないとう悩みを持つ方にも、とても効果的です。
 
 
参考記事:学校の給食が食べられない子供が克服したたった一つの方法
 
 

お父さんお母さんは日々どんなことに心がけると良いでしょうか?


子供が幸せ人生を送って欲しいと思うのは親の願いです。
 
 
お父さんお母さんが仲良くしていて、安心できる家庭という場所を作ってあげることが一番です。
 
 
ひとり親の家庭も同じく、親が楽しくしていることが大事です。
 
 
参考記事:子供の成長促進のためにできることは?
 
 
ここでは家庭で心がけたい2つのことを紹介します。
 

人前で自分の子供の悪口を言わない


親は自分の子供のことをほめられると、謙遜してつい「うちの子なんて何にもできないのよ」というようなことを言ってしまいます。
 
 
本当はそんなことは思ってないのですが、日本人は人前で自分の子供をほめるのが苦手です。
 
 
でも子供はとても傷つくので、言わないように気を付けましょう。
 
 

NGワードを言わない

「あなたにはできない」
「まったくあなたはダメだね」
「どうせ」
「他の子はできているのに」

 
 
などのうっかり言ってしまいそうな否定的な言葉があります。
 
 
つい、自分の常識の枠の中に当てはめたりしてしまいますが、親子であっても相手の気持ちを思いやることが大切だと思います。
 
 
親に言われたことは大人になっても心の傷として覚えています。
 
 
言葉の選び方には気を付けたいですね。
 
 
そして、子供も自分自身で悩みを抱え始めます。
 
 
成長に関する悩みなんかも、親が察してあげることも大切なことですね。
 
 
参考記事:小学生の子供の身長が伸び悩み始めた時にすること

もしもLGBTだったら

男の子だから男の子らしく、外でサッカーをしたり元気で走り回っているのが普通だと思ってしまいます。
 
 
ですが、男の子でも人形遊びやままごとや女の子の遊びが好きで、どことなく女の子っぽい感じのする子っていますよね。
 
 
LGBTとは、以下の頭文字をとったものです。
 
 

レズビアン(女性同性愛者)
ゲイ(男性同性愛者)
バイセクシュアル(両性愛者)
トランスジェンダー(心と身体の性の不一致)

 
 
我が子がLGBTではないかと気づいてしまったら、自分の子育てが間違っていたかもしないと、悩むかもしれません。
 
 
無意識のうちに「男の子はこうあるべき」というレッテルを貼られ、大きくなってからも苦しんでいる人もいます。
 
 
LGBTに該当する人は13人に1人とも言われています。
 
 
小学校で考えるとクラスに2~3人はいることになります。
 
 
この数字を見ると自分の子供が該当する可能性だって十分あり得ます。
 
 
自分の子供がLGBTではないかともし気が付いたときは、まずは落ち着いてください。
 
 
問い詰めたり、責めたりせずに、子供が自分で告白するまで見守りましょう。
 
 
受け入れるがたいことだとしても、親自身が自分だったらどうするのか考えてみて、お子さんの理解者になって欲しいと思います。
 
 

男の子の子育てはどっしりと構える

男の子でも女の子でも、子育てって本当に大変ですよね。
 
 
子育てという責任感でいつの間にか、自分にも子供にも完璧を求めてしまいます。
 
 
お母さんは男の子は異性なのだと意識すると、子育ての悩みが軽くなったり、楽しさが広がります。
 
 
いま目の前にいるお子さんのことをどっしりとかまえて、しっかりと見守ってあげてくださいね。
 
 
参考記事:子供の成長のために親ができること
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す