よく成長期に筋トレをすると、身長が伸びないとか、身長が縮むというウワサを聞いたことがありませんか?
 
 
特に成長が著しい小学生の子供を持つ親御さんでしたら、関心事のひとつですよね。
 
 
そのウワサって正しいのでしょうか?
 
 
今回は、以下に小学生が筋トレをすると身長に影響があるのかまとめました。
 

スポンサーリンク

 

筋トレしたら身長は止まっちゃうの?

結論からいうと、小学生が筋トレをしても身長は止まることはありません。
 
 
むしろ、筋トレは身長を止めるどころか、正しく行えば身長を伸ばす助けになってくれます。
 
 
筋トレをすると、体のなかの成長ホルモンという成長を促すホルモンが盛んになるからです。
 
 
成長ホルモンは、その名のとおり成長するときに欠かせないホルモンです。
 
 
身長を伸ばす上で、このホルモンの分泌は欠かすことができません。
 
 
そのため、小学生が行うような一般的なスポーツや筋トレの範囲内では、筋トレをしたからといって身長が止まるということはないのです。
 
 
筋トレでは身長は止まらないということがわかりました。

 

 
ですが、「やり過ぎ」には気をつけましょう。
 
 
運動をし過ぎると、筋肉や関節の一部に負担がかかりすぎてしまうこともあります。
 
 
成長期に激しいトレーニングを行うと筋肉が硬くなって、骨の伸びようとする力を筋肉が妨げることになります。
 
 
激しいトレーニングはどのくらいかというと、何十kgもの重いバーベルを上げたりするような鍛え方をすることです。
 
 
小学生や中学生の成長期の時期に、いくら運動しても体がムキムキの体型にはなりません。
 
 
小学生で体だけ異常に発達している子供って見たことがないですよね。
 
 

では、どんな筋トレがいいのか?

集中的に一部分ばかりを鍛えるトレーニングをすると、体に負担がかかってしまいます。
 
 
腕立て伏せや、スクワット、腹筋といった自分の重さで負荷を掛けられる基礎的な無理のない筋トレが良いとされています。
 
 
私の知り合いで少年野球をしている小学生5年生の男の子がいます。
 
 
指導してくれているコーチはとても熱心で、コーチから毎日家で腹筋と腕立てとスクワットを30回×2セットやるように指導されていました。
 
 
そんなにさせると身長が伸びないかもしれないと、心配した親がコーチに問い合わせると、一日30回2セットくらいなら身長に与える影響に問題はないと説明があり、納得したそうです。
 
 
ただ、がむしゃらにやればいいということではなくて、正しく出来ているかどうかが大切だとそうです。
 
 
コーチは子供のフォームが間違っていないか、関節や筋肉に負担がかかっていないか練習中にチェックしてくれるそうです。
 
 
正しい指導と、親にも説明してくれる専門のコーチがいると安心ですね。
 
 
また、筋肉が骨を支えてくれるという役割をしてくれるので、適度な筋肉トレーニングによってケガやオスグットのようなスポーツ障害を発症するのを防ぐことができるという事も、教えてくれたそうです。
 
 

筋トレの他にどんなことに気をつけるべき?

成長ホルモンの分泌を活発にさせ、身長を伸ばすために早寝早起き・バランスの良い食事・適度な運動が必要不可欠です。
  
 
「寝る子は育つ」とよく言われますが、成長ホルモンは、深い眠りをとっている時に最もよく分泌されているの、その言葉通りなのですね。
 
 
この成長ホルモンは寝てから2時間後くらいに大量に分泌されます。
 
 
生活習慣が乱れると、分泌されにくくなるので規則正しい生活を送り、質の高い睡眠をとる必要があります。
 
 
また、バランスの良い食事も大事です。
 
 
身長は骨が伸びることで高くなります。
 
 
特に意識して取りたいのは、下記のように、成長ホルモンの分泌を促すタンパク質やカルシウム、マグネシウム、亜鉛などです。
 
 

タンパク質→卵・豆・肉・魚など
カルシウム→牛乳・小魚・緑黄色野菜など
マグネシウム→わかめ・ひじきなどの海藻類など
亜鉛→牡蠣・しじみ・レバーなど

 
 
これらの食材を取り入れて、親はお子さんの身長を伸ばすお手伝いをしましょう。
 
 

ほかにも、成長促進が期待されるアルギニンを含む食材を摂取することも、成長期の子供には必要になってきます。
 
 
参考記事:アルギニンの飲み方によって筋トレの効果を高められない?
 
 
参考記事:アルギニンサプリメントで子供の身長を伸ばす
 
 
小学校高学年から中学生くらいになったら男女ともに、とても食欲旺盛なのは、骨が伸びるために体がそれだけ栄養素を求めているのですね。
 
 

一般的な成長のピークっていつまで?

成長ホルモンが活発に分泌されるのは、男女ともに10代の半ばです。
 
 
身長がよく伸びる時期は、個人差もありますが、男の子なら12歳~17歳前後、女の子なら10歳~14歳前後です。
 
 
重量挙げの三宅宏美選手は146㎝と小柄ですが、三宅選手が重量挙げを始めたのは中学3年生からです。
 
 
成長のピークを過ぎてからトレーニングを始められたのですね。
 
 
重いバーベルを挙げたから身長があまり伸びなかったのではなくて、もともと小柄だったようです。
 
 

私は小学校6年生の息子がいますが、身長は140㎝とクラスの中でも低い方です。
 
 
女子で大きい子は160㎝ほどあります。
 
 
学習発表会などで、学年全体を見わたすと中学年くらいから女子が伸びてきて男子はそんなに大幅に伸びてはいないという感じでした。
 
 
これが中学生になると、男子が大きくなるので人の成長って面白いなぁと思います。
 
 
参考記事:成長期が遅い特徴は最終的な身長が高くなる可能性が高い
 
 

体に負荷をかけ過ぎずに成長のサポートを

あまり身長が大きくない人が、たまたま筋肉を酷使するような体操や重量挙げといった、スポーツで活躍していたからなのでしょうか。
 
 
迷信のように筋トレ=身長が伸びないという、イメージがついてしまったようです。
 
 
ですが、筋トレを行うと身長が止まってしまうようなことはないので安心ですね。
 
 
適度な運動の他にも、規則正しい生活やバランスの良い食事なども気をつけてお子さんの身長をぐんぐん伸ばすお手伝いをしてあげてください。
 
 
参考記事:子供の成長促進のためにできることは?
 
 

    

 
 

おすすめの身長サプリメントをランキングで紹介!あなたにピッタリの身長サプリメントはこちらから!

   

子供の身長を伸ばすサプリメントランキング

  • ドクターセノビル(Dr.Senobiru)

    ドクターセノビル(Dr.senobiru)

    60日間の全額返金保証付き!食事からの摂取が難しいアルギニン豊富な安心・安全サプリメント 身長を伸ばす効果が期待されるアルギニンを、1日に5000mg以上摂取可能。グレープフルーツ味の粉末タイプで、さらに国内製造なのも安心して飲めます。60日間の返金保証対応付きなのが安心して試せる決め手の1つ!  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら
  • アスミール

    アスミール

    牛乳嫌いや好き嫌いが多い子供向け!バランス良く栄養補給したい方に トリプルカルシウムや11種類のビタミンを配合。牛乳嫌いでも飲めるココア味に仕上げています。アルギニン特化ではありませんが、成長に必要な栄養素を一通り摂取可能。低コストで飲めるのも嬉しいサプリメント。  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    ×
    公式サイトはこちら
  • フィジカルB

    フィジカルB

    野菜嫌いの味方!スピルリナで一気に栄養摂取を 50種類以上の栄養成分を含むスピルリナを豊富に配合。バランスの良い栄養素がウリの1つ。売り上げ多数のため、商品供給が追いつかない時期も。成長サポートのための栄養素を一気に摂取できます。ただし、独特な深緑色に抵抗を覚える子供も?  

     
    栄養素
    飲みやすさ
    価格
    返金保証
    評価
    公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す